ボツリヌス・トキシン注入法

美容整形で用いるボツリヌス・トキシンとはタンパク質の一種で、
筋肉の収縮を弱める働きがあるために、小顔・美脚・多汗症・肩こり治療
などに利用されます。患者の希望を十分カウンセリングで聞いた後に、
治療方針を決めます。必要は場所へ注入だけですので、とても楽ですし、
当日から普通の暮らしが行えます。

また、ポツリヌス・トキシンは、しわ取り効果でも人気があります。
小じわのほうが効果がありますので、まだしわの心配のないけど、
日頃眉間にシワをよせるクセのある人などは早めにボツリヌス・トキシン
を注入しましょう。将来のシワが心配なくなります。

そのほかには、顔のエラを取る小顔整形にも用います。エラの筋肉が
発達していて、顔が大きく見えることが悩みの方にお勧めです。
メリットは、メスを使わないので、気軽であること、1,2ヶ月続ければ、
次第に効果が出ることです。フェイスラインが細めになりますので、
いわゆる小顔美人も夢ではないですね。

そのほか肩こり治療、多汗症治療、美脚術のほかに運動などで発達したり、
老化で硬くなった筋肉をほぐすこともできます。

ポツニヌス・トキシン注入の場合の特徴をまとめてみます。
ただし、個人差がありますので、標準的なものと考えてください。

1 治療時間は約5〜10分程度
2 腫れや内出血が出る場合もありますが、メイクでカバーできる程度です。
3 入院は必要なく、日帰りが可能です。
4 麻酔は必要ありません。
5 洗顔、洗髪、入浴は施術当日からOKです。

[PR]地域包括支援センター看護師求人ランキングはここでチェック

当サイト人気コンテンツ

■ ボトックス注入法
■ ヒアルロン酸注入法
■ プチしわ取り
■ プチ整形の豊胸術
■ プチ脂肪解消法
■ 多汗症と美脚に

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2016 プチ整形総合情報. All Rights Reserved.