プチしわ取り

どんな女性でも、顔のしわで悩まない人はいないでしょう。
これが美容整形のプチ整形で解消できる時代になったのですから、
うれしいものです。プチしわ取りにもいろいろの方法があります。

(1) TPA法
TPAとはトリプルプレミアムアンチエイジングの頭文字をとったものです。
この方法はしわ取りだけではなく、肌の若返り効果も期待出来るので、
喜ばれる方法です。

部分的には、目尻から目の下のしわに有効で、注入をしばらく続けると、
その都度肌の細胞自体が若返り、しわが薄くなるのです。治療時間は
5〜10分程度で、カウンセリング当日の手術も可能です。

麻酔歯しないでも大丈夫ですし、入院も施術後の通院も必要ありません。
ハレたり、内出血がある場合に、心配であれば、医者に見せましょう。

(2) ボツリヌス・トキシンを使う方法
ボツリヌス・トキシンはたんぱく質の一種ですが、筋肉の動きを弱める
働きを利用して、眉間の縦じわや額の横じわ、目尻の放射状のしわなどに
効果があります。

これらのしわは、日常誰にでもおきる表情筋の収縮運動が原因ですので、
その筋肉を弱めることで、しわの解消につながるのです。注入する
ポツリヌス・トキシンの量や注入する範囲は医者と十分相談をしながら
決めることは事前に必ず行いましょう。

(3) ヒアルロン酸を使う方法
美容整形で多く使われるヒアルロン酸は人の体の表皮層にあるもので、
誰もが肌のためにはほしいものです。自分の表情のくせでしわができて
しまった場合など、その部分にヒアルロン酸を注入すれば、しわが薄く
なって、若々しい素肌が取り戻せます。

ヒアルロン酸の注入後、数日間は腫れて赤苦なることがありますが、
しばらくすれば消えますので、心配しないでください。ただしほかの
部分でも心配の場合は必ず医者に診てもらいましょう、通常は施術後の
通院は必要ないです。

[PR]中小企業診断士の年収はここでチェック

当サイト人気コンテンツ

■ ボトックス注入法
■ ヒアルロン酸注入法
■ プチしわ取り
■ プチ整形の豊胸術
■ プチ脂肪解消法
■ 多汗症と美脚に

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2016 プチ整形総合情報. All Rights Reserved.