二重まぶたに

プチ整形では、メスを使わないで、二重まぶたが作れます。
二重にしたいラインにそって、医療用の極細の糸を縫い込むのですが、
傷跡は残りません。手術時間も10分程度ですので、プチ整形では
美容手術の代表的なものとなっています。

生まれつきのような自然な感じの二重まぶたができます。いかにも
「つくった」というのではいやですが、術後のハレがほとんどないし、
傷跡も残らず、治りも早いというのが、人気の秘密でしょう。

料金は手軽で、しかも、元に戻すことが可能であること、ラインを
変更することもできます。最近の二重まぶた手術の主流として
利用されるのは、さらに、手術をした翌日からごく普通に日常生活が
送れるからだと思います。

ごく一般的となったプチ整形の二重まぶたの施術は埋没法と言う方法です。
大きな腫れもなく、安全に治療ができることが人気ですがその方法は
各種ありますので、事前のお医者とのカウンセリングで区らしく聞くこと
が大事ですね。

その方法とは、以下3点です。
1 挙筋固定法
2 瞼板固定法
3 完全埋没法

1の挙筋固定法は、固定する糸をまぶたを持ち上げる筋肉に留める方法です。
この方法は、まぶたが下がりやすくなるリスクがあります。

2の瞼板固定法は、眼瞼挙筋の下方にある筋肉と連動している、硬い板状の
組織に固定糸をかける方法です。以前からよく行われますが、角膜を傷つけて
しまう可能性があります。

3の完全埋没法は、くっきりとラインを作りやすいという良い点と、
眼瞼が下がるのを防ぐ利点がある方法です。糸が完全にまぶたの下に
埋まりますので、角膜を傷つけません。

当サイト人気コンテンツ

■ ボトックス注入法
■ ヒアルロン酸注入法
■ プチしわ取り
■ プチ整形の豊胸術
■ プチ脂肪解消法
■ 多汗症と美脚に

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2016 プチ整形総合情報. All Rights Reserved.