脂肪を注入する場合

これはアンチエイジングのひとつとして、現在非常に注目されています。
若さを保つには、ふっくらとした顔つきは欠かせないものだからです。
ですから、通常であれば、脂肪を取るのが多いけれど、脂肪を注入する
場合もあるのです。つまり、こけてしまった頬をふっくらさせる方法です。

もしも、頬がゲッソリとこけていたら、不健康であるだけではなく、
年齢よりも老いを感じさせますよね。あるいは、頬骨が浮かび上がって、
顔の輪郭がこわばっていると、きつい顔つきにもなって、損ですよね。
これらが、脂肪やヒアルロン酸を注入する方法で解消できるのです。

メスはまったく使わず、手術時間も30分程度です。アンチエイジング
には絶対必要と言うことで、プチ整形でも人気が高まっております。

こけた頬に自分の脂肪を注入するのですが、自分の余分な脂肪を取り、
それを注入するので、肌に馴染みやすくのが特徴です。見た目はもちろん、
その部位を手で触っても、何の違和感もなく、仕上がりがとても自然です。

施術後は、腫れや痛みがほとんどなく、当日からお化粧できますし、
外出も可能です。会社や学校を休む必要がないので、誰にも知られない
ところも魅力ですね。術後の通院も必要ありません。まさに整形をした
ことがわからないというわけです。また、シャワー、入浴なども
手術当日からOKです。

プチ整形では、脂肪注入とヒアルロン酸注射との2方法がありますが、
費用が異なる点が要注意ですね。たとえば、脂肪注入の場合はおおよそ
50万円程度であり、ヒアルロン酸注射の場合は10万円程度となります。

当サイト人気コンテンツ

■ ボトックス注入法
■ ヒアルロン酸注入法
■ プチしわ取り
■ プチ整形の豊胸術
■ プチ脂肪解消法
■ 多汗症と美脚に

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2016 プチ整形総合情報. All Rights Reserved.